〜 月山山頂 勝日高守神社 〜
第29代欽明天皇31年(570年)、月山の山頂に大国主命の幸魂神を勝日高守神社として、
山麓に大己貴命を勝日神社として祀ったのが創祀とされています。
里宮である勝日神社に対し、高守は奥宮の意。
月山原と勝日山と呼ばれる境内に「かがみ石」と号する巌石があると伝わっています。
平安時代末期、保元・平治年間(1156年-1159年)に平家の武将平景清が富田城築城にあたって、
勝日神社を現在地である富田八幡宮の地に遷座したと言われています。
次回は遷座の神の意「矢中の松」の予定。
画像をクリックすると拡大した画像が表示されます。
2017/05/01 安来市広瀬町
 戻る <  5 6 7 8 9 10  11 12 13 14   > 次へ


- Topics Board -