〜 矢中の松 〜
平安時代末期(保元・平治年間 1156年-1159年)、平家の武将 平景清が、
月山富田城築城にあたって山麓の勝日神社をどこに移すか、悩み、
白羽の矢を夜空に放ったところ、川を挟んで400〜500m向こうの松の木に刺さった。
これを神意として現在の八幡山に遷座したと伝わっています。
現在の松は4代目といわれています。
後景の山は矢を放ったとされる月山富田城址山頂部。
次回は遷座した「勝日神社」現況の予定。
画像をクリックすると拡大した画像が表示されます。
2017/05/08   安来市広瀬町広瀬
 戻る <  4 5 6 7 8 10 11 12 13   > 次へ


- Topics Board -