〜 磐船神社 〜
神代の昔、新羅の国に素戔嗚尊がその御子五十猛命と共に降臨されたが
新羅を好まず、「埴土をもって船を造り、これに乗って新羅より
比田の郷 大幡山に着き鎮座された」と伝わっている所です。
最上部には埴土の船が化石になったといわれる巨石があります。

社の上には巨石が迫り出し庇のようになっており、また、周囲には巨石がゴロゴロ転がっています。
参道は途中から岩肌の急な坂道になるので滑りやすく、足元をしっかり固めて登ることが肝要です。
祭神は素戔嗚尊・稲田姫命・五十猛命。
2017/05/21  安来市広瀬町西比田
 戻る <  2 3 4 5 6 8 9 10 11   > 次へ


- Topics Board -