〜 塩滝 〜
涼を求めて!!
落差約15mの見応えのある滝です。駐車場より滝つぼまで6,7分で降りられます。
説明板によると楠公の末孫楠正輝将軍が敵に追われ、愛児の千代松を赤児淵へ、
妻の塩津姫がこの滝へ身を投げたことから滝の名がついたと言われています。
多くの滝には様々な謂れがあり、語り継がれています。
2017/06/30  安来市広瀬町宇波
 戻る <  1 2 3 5 6 7 8 9 10   > 次へ


- Topics Board -