〜 車山烽 〜
     車山烽は出雲国風土記の烽火山五山の暑垣烽と推定され、標高207.9mの山です。
山頂部に南北22m、東西28mの平坦部があり、烽火台の跡らしい窪みが残っています。
安来市飯梨に位置し眺望がよく、烽火台の設置場所としては適切であったと思われます。
※ 烽(とぶひ)とは、緊急時にのろしを上げて可及的速やかに伝達するための施設のこと。
     画像をクリックすると拡大した画像が表示されます。    
 戻る <  1 2 4 5 6 7 8 9 10   > 次へ


- Topics Board -