〜 布部要害山 〜
室町期に築城が伝えられている、別名一円山といわれる標高183mの城山。
尼子時代に城塞を築いたので、以後、要害山と言われるようになった。
元亀元年2月14日、毛利軍と尼子軍が布部中山を中心として戦った際、兵力と諜報戦
に優った毛利軍が大勝した。
毎年2月14日に両軍の戦死者の霊を慰める山中祭には要害山登山が行われ ていたが、
今は中断している。山頂に「火」の神様を祀った愛宕神社があり、8月には愛宕祭がある。
  画像をクリックすると拡大した画像が表示されます。    
 戻る <  1 3 4 5 6 7 8 9 10   > 次へ


- Topics Board -