〜 蹄の滝 〜
涼を求めて!!
名の由来は戦国時代、尼子・毛利の戦、布部合戦で山中鹿助率いる尼子方が大敗し、
鹿助が逃げる際、滝を馬で飛び降りた時の「蹄の跡がある」と伝えられていることからといわれています。
この滝ではその昔、今は廃寺となった常願寺に修験者が集まり滝壺で祈願したとの案内板がありました。
常願寺跡駐車場から滝から続く小川沿いを徒歩20分程度。
画像をクリックすると拡大した画像が表示されます。

2017/07/11  安来市下山佐常願寺
 戻る <  1 3 4 5 6 7 8 9 10   > 次へ


- Topics Board -